キャッシングの捉え方 - キャッシングは金利が低い方がいい

キャッシングの捉え方

 

あるものは使うべき

 

僕の友人に、キャッシング絶対反対派の友達がいます。
そいつはとにかくキャッシングをする奴は悪だと称していて、そんなのは心根が腐っているからキャッシグなんてものに手を出すのだ、と豪語しています。

 

でも、僕はそうは思いません。
必要な時に必要な手段が存在するのは、理想的なことですね。
その選択肢の一つして、キャッシングを評価しておけばいいんじゃないのかなぁ、と思っているんです。
というか、僕はそういう使い方でキャッシングを利用したことがあります。
期間限定の商品で、僕にとってとても必要なものがあるのに、お金が足りない。
そんなとき、僕はキャッシングの手段を断ち切ってまで諦めたくはありませんね。

 

勿論、ごく近い未来にお金がちゃんと入ってくることを見越したうえでしなければ、ただの借金づくりになりますから、そこは注意が必要だと思います。
しかし、真っ向から否定されるものではないと、そう考えています。
あるものは有効に使うべきなのです。