自動車ローンの付帯サービスとは

自動車

自動車を購入した場合には、「自動車損害賠償責任保険」に入らなければいけません。これは、事故などが起きた場合に損害が大きくなる危険性が高い為に、その被害者の損害を補償する為の保健になりますが、任意保険などに入ることでその補償内容を拡充することも出来ます。

事故などによる被害者を補償する為に必要な保険の他にも、購入者自身や車両に対しての備えも自動車を所有する際には必要になります。

 

自動車ローンと付帯サービス


自動車ローンを提供している業者によっては、この任意保険などのサービスを付帯させたものもあります。

その付帯サービスの代表的なものとして「傷害保険」「ロードサービス」があります。

傷害保険

自動車ローンに付帯される「傷害保険」は、購入者が万が一死亡したり、重度の障害を負ってしまうことでローンの支払いが困難になった場合に、支払いの補償を行う保険です。

多くの場合は、ローン残高分の保険料が支払われ、その保険料をローンの返済に当てるというもので、保険料は金融機関が負担することが多いようです。

その他の付帯保険として、「大垣共立銀行」のマイカーローンの場合では、「ファミリー交通傷害保険」が付帯されており、この保険料は大垣共立銀行が負担しています。

保険金額例

融資残高死亡・後遺症害入院保険料(日額)
本人配偶者家族本人配偶者家族
100万円200万円100万円50万円1,000円500円250円
200万円400万円200万円100万円2,000円1,000円500円

 

ロードサービス

傷害保険の他に、付帯サービスとして多いのが「ロードサービス」です。

ロードサービスは、交通事故などによって発生する修理やレッカー、代替交通機関などのサービスを行うもので、サービス対象が購入した車両の場合と購入者の場合とがあります。

例えば、みちのく銀行の「みちのくロードサービス付自動車ローン」では、下記のようなロードアシスタンスサービスを受ける事が出来ます。

 

故障時緊急修理サービス

事故などにより、現場処理の必要が発生した場合、基本料金、出張料金、緊急対応料金(30分程度の作業)が無料で受けられます。

レッカー現場急行サービス

事故などにより、現場処理の必要が発生した場合、規定の範囲でレッカーけん引・落輪引上げを無料で受けられます。

ご宿泊費用サービス

事故などの現場が自宅から遠い場合く宿泊の必要性が発生した場合に、宿泊施設の手配および1名あたり15,000円までの宿泊費用を負担して貰えます。

ご帰宅費用サービス

事故などの現場が自宅から遠い場合く宿泊の必要性が発生した場合に、代替交通機関の手配および1名あたり20,000円までの帰宅費用を負担して貰えます。

修理後搬送費用サービス

事故などの現場が自宅から遠い場合く車両が自力走行不能になった場合に、修理完了後、車両を自宅まで搬送する手配および1台50,000円までの搬送費用を負担して貰えます。

カーライフサービス

新車紹介・車検紹介/リサイクル部品紹介/レンタカー紹介/廃車手続手配などのサービスを受ける事が出来ます。

 

コメント